岡崎子どもバスケットボール教室

スポーツに恋をして

岡崎子どもバスケットボール教室

岡崎子どもバスケットボール教室は今から50年前に設立された。昭和42年、故矢田香子さんが、東京オリンピックで日本が惨敗した時、「日本人は幼児の頃から体力作りが大切だ」と言う流れの中、岡崎の小学生を集めて出来た教室が岡崎子どもバスケットボール教室である。

当教室の歴史の中で特筆すべきは、平成3年、4年、5年と全国ミニバスケットボール大会で3連覇に輝き、数多くの日本代表選手を生み出していること。ミニバスケットボール界では全国的にも有名で、名門の教室である。

現在の生徒数は男女合わせて150名。昔ほどの勢いはないが、3連覇以降も何度か全国大会出場を果たしている。目下、12月に行われる東海大会に向け、夏休みは毎日練習をしている。男子キャプテン連尺小6年の石川くんは、東海大会優勝を目指して、「やる気の雰囲気」が大切ということで、率先して大きな声を出して盛り上げている。

女子のキャプテン常盤小6年の野本さんも「東海大会優勝が近い目標です。その為には、仲間の力が必要だから、練習を見てあげて優勝に導きたい」と目を輝かせていた。

最後に教室代表の水野さんになぜクラブ名が〇〇クラブでなく教室なのかと問うと、

バスケットを通して大人になる為にいろんなことを学ぶ場所だから、そこは拘りたいと応えてくれた。

岡崎子どもバスケットボール教室

ばーばら

i-make

i-make
ジュニアアスリート郡山 ジュニアアスリート静岡 ジュニアアスリート浜松 ジュニアアスリート豊橋
PAGE TOP